TK=「とことん、気まぐれ」

最近はjuice=juice、フィロのスなどアイドル関連とBリーグ観戦記事が多いです。食べ物、お出かけ記事などもあり

越谷アルファーズ、B2準優勝&B1昇格!来季が楽しみに!


f:id:kimagure_tk:20240519214752j:image

 


f:id:kimagure_tk:20240519214812j:image

 

 

いやいやいやー、今日はリアルタイムでバスケットLIVEにて

B2プレーオフ決勝 滋賀レイクスー越谷アルファーズの試合を見てましたが

 

 

最後まで紙一重で、時間ギリギリのLJピーク選手の3Pシュートがはずれて滋賀レイクスが勝利!B2優勝が滋賀、準優勝が越谷に決まりました。序盤以外は滋賀に先行され、差をなかなか縮められない展開でしたが

 

それぞれの選手が持ち味を存分に発揮して、見ごたえのある試合になりましたねー。

 

アルティーリ千葉とのプレーオフでの決戦、レギュラーシーズンではないほどの激しさと勝負強さで

プレーオフモードに「覚醒した」アルファーズが僅差ながら

2連勝!一発勝負に強いところを見せてくれました。

 

松山選手とLJピークは特に無双の大活躍で昇格の立役者になりましたね〜。

 

 

シーズンを完全に掌握していたアルティーリ千葉に勝ってこその、B1でも勝てるチームに名乗りを上げられる、と思っていたので

 

 

決勝の対戦も含めて、「記念昇格」と言われないような、来季にも期待の持てるB1昇格になったかと思います。

 

 

 

それに、ホーム試合での熱の入りようだったり集客の多さだったり、話題性に関しても今までとは進化のスピードが格段に上がってて、波に乗っているし力をつけているなーと。

 

 

 

 

なんと!!偶然にも?5/12は5年前に、アルファーズがB3→B2に上がった日

同じ日にB2→B1へ昇格するとは、粋な巡り合わせ❤🏀❤

5/12はアルファーズの昇格記念日、ということで。

覚えときましょうね〜

 


f:id:kimagure_tk:20240519221219j:image

 

 

レイクタウンの広場にてパブリックビューイングとか、柱巻きの巨大な選手ポスターとか、昇格タペストリーとか

 

 

急にチームの「器の大きさ」が増しているような

 

 

ただ!来シーズン連敗記録を更新してしまうような

ところは見たくないところであるし

 

 

これからのオフシーズンでの選手の入れ替わり

ヘッドコーチは安斎さんで変わらなさそうだけど

昇格、準優勝となると契約更改も上積みになるだろうし

 

 

経済的基盤で満足な選手が揃えられないんじゃないか、、、

というのが心配なところ。

 

 

他のチームにはない?Bリーマンと言われるアマチュア選手たちの処遇も気になるし

 

 

何より、チームの平均年齢が大幅に高いのがアルファーズのネックなので、2人の特別指定選手含めて

若い主力級選手をどれだけ加入できるか?

エース級選手の引き留めができるか?

 

 

早くも来シーズンに向けての動きにワクワク感が高まっていますね。

 

 

何にしても、怒涛のプレーオフの戦い、今までお疲れ様でした!準優勝、ありがとう&おめでとうございます🎊🎊💯💯

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20240519222415j:image

 

 


f:id:kimagure_tk:20240519222438j:image

何度目かの池袋サンシャイン噴水広場(juice=juiceリリイベ)


f:id:kimagure_tk:20240516050601j:image

 

 

またまたお休みが合ったので行ってきました。

 


f:id:kimagure_tk:20240516050629j:image

 

juice=juiceの18枚目シングル「トウキョウブラー/ナイモノラブ/おあいこ」のリリース当日イベントです。

 

 

ハロプロのリリースのたびに来ている?いつのまにか習慣付いてしまった池袋サンシャインシティ噴水広場

 

でもって、ほとんどお店で買い物もすることもなく(^_^;)

ごはん食べてさっさと撤収するという

 

今回は、P‘parcoにあるタワレコでシングルの「初回限定版A」を買ってから、徒歩でサンシャインシティ

 

 

18時開始のところ、16:45くらいに着きましたがいつも集まりがよろしくて(^_^;)けっこう1、2階は埋まっていたので3階最上階のステージ背後の位置へ

 

正面以外からのステージングを見られる、ある意味貴重な場所になっています、と来るたびに思ってます(^_^;)

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516051721j:image

 

ステージは地下一階にあるので、なかなかの高さの見下ろし

ワンフロアの高さは低めになっていますがね

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516051846j:image

 

 

今回は珍しく?初めて見たかもですが、公開でのメディア取材、インタビューが行われました。

17:15くらいにメンバー登場、PCを構えた記者さん、ずらりと並んだカメラマン、なんか分からないけどスマホで写真撮ってる関係者的な人たち

 

 

20分くらいインタビューとマイク🎤での応答

あーりー、るるちゃんが応えつつ、たまに他のメンバーにも振ったり 里愛ちゃんもよく話してたかも

 

このときに話してた内容は、アクリルの大きな壁のせいでほとんど聞こえなかったんですが、3時間後の20時くらいにはいろんなネット記事がもう上がってました。いや〜仕事が早い!

そんなに詳しくは書いてなかった感じですが

 

 

 

 

 

このコメントはやけにしっかり強調されて出てるな〜と

こんなこと言ってたんだぁ

もっと言ってやれ!?って感じで目立ってよかったかな

 

 

その後、写真撮影の時間がなんだかんだで15分くらい

同じポーズでそれぞれのカメラに向けて何回も手降ったり

グラスを掲げたりで、めちゃめちゃ繰り返してやるので

 

 

乾杯のポーズで、腕にかなり乳酸たまってぷるぷるしてきそう〜って、見てるほうがしびれを切らしちゃいそうに(^_^;)

プロってこういう感じに撮られてるんすね〜忍耐力いりそう

 

 

インタビューの模様は、動画でも上がっていたので記録しておきます。

 

 

=====   ======    ここからライブのお話 ====  =====

 

 

「おあいこ」の練習を公開でやってから、10分ほど間を空けて(ちょっと休憩?)

 

18:10くらいにようやくリリイベのミニライブへ

 

曲は5曲

 

※プライドブライト

※ナイモノラブ

※ロマンスの途中

※おあいこ

※トウキョウブラー  の順に披露しました。

 

 

 

MVの衣装でライブ披露することが、リリイベくらいでしかないので(普段はライブ用の衣装)今回はトウキョウブラーの、白地に薄緑の入った衣装でライブが見れて◎◎  💯

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516060515j:image

初めてこの衣装を公開した?川嶋美楓ちゃんですが

レコーディング、MVのなかにはお休み中で登場せず

 

 

「ナイモノラブ」に関しては、メンバーに振り付けを教えてもらいすぐに覚えられた、ということでパフォーマンスにも入っていましたが(MCで本人がそんなこと言ってたような?)

 

 

 

トウキョウブラーと「おあいこ 」に関しては、まだ練習が足りないようでなんとひとりだけ隅っこに下がってお留守番(^_^;)

 

スポーツの試合での控えの選手みたいな、「ベンチ入り」みたいな感じでぽつんとステージを眺めているのが見えて

 

半年のブランクは大きいなー、というのといじらしくて可愛い❤、でもなんかお客さんの前で脇から見守るだけってのもかわいそうかな、などいろいろ気になっちゃいました。

 

 

もっと人数の多いとこだと、「レギュラー」「控え、2軍」みたいな差がもっとあるんかなー。

 

 

パフォーマンスしている曲はノリノリでしっかり混じっていて、これから軌道に乗っていくのかな、と

美楓ちゃんはMCだったりお見送り会の様子を見たりする限りでは、「あかりんご」よりも子供っぽいキャラの様子で

 

 

それも可愛いし、ライブでのMCで美楓ちゃんが「自分はまだまだ子供で早くお姉さんたちに追いつきたい」というと

あかりんご🍎こと、年下の遠藤彩加里ちゃんが「子供じゃないよ〜」とフォローする、という場面(SNSでよく言われてる)

 

 

それも、なるほどな〜としっくり来るような印象

 

 

他には、ライブ中のMCでシングル曲の紹介、宣伝を話しているさなか、話を振られた有澤一華ちゃんが

 

 

MVのなかで植村あかりさん(まもなく卒業するリーダー)と2人で話しているシーンがあって

 

そのときに実際には「きのこの山たけのこの里、どっちが好き?」といういわゆる「きのこたけのこ論争」をしていた、と暴露

 

 

いちか「せっかく皆さんがいるので、ここでアンケートを取りたいでーす!」

うえむー「いま曲の紹介してるリリイベなのに、ここでやるの?!」(^_^;)   そしてノリノリで応える客席☺️☺️

楽しい雰囲気で良き良き◎◎

 

 

曲の中身についてはまた、という感じですが

トウキョウブラーは、juiceの王道おしゃれカッコいい路線で爽やか、声もキレイ、夜のドライブ中に合いそうな曲

けっこう低音なラップっぽいパートもあって斬新

 

 

「おあいこ」は、独特なまったりした世界観で明るい、暗い、悲しいとか一言にまとめられないような複雑な印象

でもなんかクセになりそうな雰囲気の曲でこの2つが特に気に入りました。

 

 

ダンスやフォーメーションをそれぞれの曲で取っていき

それを真上から見下ろし目線で見ると、フォメの変化や陣形が

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516062619j:image

 

 

ロマサガ2の陣形、みたいだなーと思って上の写真みたいないろんな陣形が浮かんできました(^_^;)

 

 

よくあるのが「ホーリーウォール」のような2列横並びや

「稲妻」「パワーレイズ」のようなV字型

 

おあいこの中では、Vのなかに歌ってるメンバーがソロで立ってるみたいな形が多かった?とか

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516063036j:image

 

 

トウキョウブラーのときは、「インペリアルアロー」みたいな扇形?水滴💧のような型があったような

 

プライドブライトでは、おなじみ無敵アマゾネス軍団が

逆V字の「アマゾンストライク」の形から前方に練り歩き

「ラピッドストリーム」の形に迫ってくるのがド迫力!など

 

 


f:id:kimagure_tk:20240516064045j:image

 

 

あとは、近年のjuice=juiceといえば?!な横一列の「フリーファイト」(もしくは1=LINE陣形?)だったり

 

この上の「ハンターシフト」みたいに、この後に見せ場のソロパートがある人が一度奥に隠れるフォメなんかも、見下ろしで見るとよく分って面白い(^_^;)

 

 

あと、今回がそうなのか?いつもなのかって感じですが

植村さん、今回はフォメの真ん中に陣取って周りのメンバーを従える形が多かったような!

将棋で言う「王将」みたいなドンと構えた感じが良かったなぁ

 

 

さくりんごのスタイルが良くて迫力あるダンスもいいし

対比で3flowerのちびっ子で可愛らしい雰囲気もとか、

バリエーションを感じられるのもいいですね。

 

みっぷるはブランクのせいか?最後方やはじっこにいる事が多かった印象  曲ごとに毎度フォメとダンスをアレンジしなくちゃいかんの、大変ですわな〜

 

踊り無し曲とかもたまにあってもいいかも(シスターみたいになっちゃいそうだけど)

 

 


f:id:kimagure_tk:20240518123938j:image

あと追記で、ハロプロストリームのゆめりあい大阪トークイベントに始まり、リリース週でのラジオのプロモーションがたくさんあり

 

ゆめりあいコンビでの出演が多く急激な供給頻度UP!

嬉しいですねぇ〜

特に火曜日リリース前日の、nack5「Fav Four」でのゆめりあトークはパーソナリティJoyさんとの波長も合っててかなり盛り上がってましたね。

 

里愛ちゃんが着てるTシャツに「Destroy」(破壊)って書いてあって、デビュー当初の頃から破天荒な性格、行動だったとか

 

珍しく生放送だったのでテンション上がって面白発言になっちゃったりとか、お互いに話したあとに由愛ちゃん、里愛ちゃんがお互いにフォローを入れてたりとか

 

 

 

これはトークショーで言ってたのかな

最近は遊びに行くときは別のメンバーとが多くて、ゆめりあいでいるときは仕事の話をよくする、とか(里愛ちゃんは仕事で会わないときでも週5くらい、一華ちゃんといるらしい)

 

 

トークの話し方、受け方、相手との掛け合いとかがしっかりしてて、大人だな〜と思いました。

 

今回は以上で!ダラダラとお送りしました〜

 

生涯経県値なるものを発見したのでやってみた

 

 

旅行ですべての県に行く(足跡を残す)、というのをここ数年の目標にしているわけですが、それをわかりやすく表現できるアプリ「経県値」というのを偶然発見しました。

 

旅行好きが集まるサイトや掲示板があり、そこで生み出されたもののようです。

 

しかも、ただ行ったことがある、だけではなく

どのくらいの訪問、滞在だったかをレベル分けしている!という、より詳細な記録を地図に表示してワンルックで見られる!

 

ということで、まずは生涯経県値。白いところはあと2つ

高知県と、和歌山県

 

岩手県は、東北新幹線で通過はしたものの降り立っていない。

岡山県も、新幹線と特急の乗り継ぎの際に時間調整で駅の外に出ただけなので、そういうのは「接地」という段階だと。

 

表現が具体的でいいですねぇ。

転勤や転校が多かった人は、意外と5点の「居住」が多くの県にまたがっている人も多いのかも。そういうのもぱっと分かって面白いですね。

 

 


f:id:kimagure_tk:20240515114410j:image

 

 

ちなみに、2回以上行ったことのある県に限定すると

黄色の「訪問」以上になっているのはちょうど半分くらいでしょうか?こちらも訪問が増えるたびに塗りつぶしていくのは、やりがいが分かりやすくていいですねぇ。

 

まあ、ここ数年は「用はないけど、まだ行ったことないから行ってみる」という多少無理くり理由を作って旅行、というところもあるので(^_^;)

 

好きなところ、何回も行きたいところ、というのとまだ行ってないところ、どちらを優先するかというのもまた難しい。

 

 

日帰りでも行ける関東地方を除いて、何度でも行きたい(行ってる)お気に入り県としては

 

1. 宮城県山形県 (スポーツ観戦、観光、ライブ、グルメと網羅されていて一泊旅行にちょうどいい)

2.静岡県(上記に加えて、自家用車でもがんばればアクセスできる)

3.長崎県(一度行ったときの感想で次もまた行きたくなる、ハウステンボス!海岸線の絶景など)  九州では宮崎県、大分県も一度行ったときに良くて再度の来訪あり

 

最近は、九州各県でプロスポーツ(サッカーとバスケ)がさかんなようなので、遠征先としてもまたリストアップしていきたい、けどほぼ飛行機必須というのがね(^_^;)

 

 

 

 

スポーツ観戦用途での訪問はどれだけあるか?と調べてみるとこのような感じに。

 

意外と西日本でのスポーツ観戦機会というのが多いんですよね。Jリーグだと京都、鳥栖、徳島など

今後はBリーグでの西日本への遠征!などもできたら面白そう。ハードル高いですが。

 

今回は以上に。また何か思いついたら追記していきます。