TK=「とことん、気まぐれ」

お出かけ、ライブなど記録していきます。

お蔵入りネタ 三県境に行ってみたの巻

去年の10月に思い立って気まぐれで行ってみたんですが、記事にはしていなかった「お蔵入りネタ」を出してみることに。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118121615j:plain

 

 

だいたい、都道府県の境は「川」か、「山」で区切られることが多く県境の周辺は(山岳や、河川敷など)人が住んでいない土地であることが多いんですが

 

 

住宅街のまんなかに、三県(埼玉、栃木、群馬)が一点に接している場所がある!という

 

このちょっと離れた場所に、「茨城県古河市」も入ってきているので広く捉えれば「四県」が一堂に会している。 全国的にも珍しい場所なんですね。

 

 

 

その場所に、渡良瀬川の土手沿いに「道の駅かぞわたらせ」(旧名は道の駅きたかわべ)というスポットがありました。

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118121723j:plain

 

 

クルマで4号バイパス~旧4号を走り、東武日光線の「柳生(やぎゅう)駅」の近辺からはナビを見ながらウロウロしていたら、

農道みたいな細い道に迷い込んだりして苦戦しつつ、なんとかこの道の駅にたどり着きました(^o^;)

 

 

はじめから川の土手沿いにある道でアクセスするのがいいようです。

 

この道の駅かぞわたらせ  には、地産品のショップやお土産屋や、パン屋さん、食堂などけっこうお店があり

 

 

ざるそばをここで食べたら、けっこう歯ごたえがガッシリしたお蕎麦でおいしかった記憶が(^_^;)

残念ながら写真撮り忘れ(ノーマークだったので)ですが、、、

 

 

そして、件の三県境はどこや?!と案内をいろいろ見ていたらクルマでは近くまで行くのは難しく

 

ここにクルマを置いて、歩いていくのがいい様子。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210117201810j:image

 

土手の下を道沿いに歩いていくと、民家の壁に標識が。

 

埼玉県加須市、栃木県栃木市藤岡町)、群馬県板倉町が一点で交わっています。

 

 

畑を見ながら歩くと唐突にそれは現れました。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210117202202j:image

 

畑の一部分にちょっとした広場(でもベンチくらいしかない)があり、標識が立っていて

 

畑のなかに細い水路で境界が分かれていました。

 

アップにするとこのような

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118121823j:plain

 

 

さらにこのY字のどまんなかには

 


f:id:kimagure_tk:20210117204049j:image

 

 

ここが埼玉・栃木・群馬の中心!!

 

でも地味すぎる。。。( ̄▽ ̄;)

 

 

もともとただの畑だったところを、ここまで分かりやすく整備したらしいです。

 

 

 

もともとこの畑(田んぼ?)のある全体が川と、川縁の土地で川が蛇行していて、川の岸で県が分かれていたところを

 

 

水害対策で別のところに川を直線に誘導し

もともと川だったところを埋め立てて平地にしたので

県境が入り組んだまま残されたようです。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118105948j:image

 

誰かがいたずらをして、警察も呼ばれるような事態があったらしく

手作りの看板が推理小説のヒントみたいな状態に( ̄~ ̄;)

読めるかなぁ、読めねだろうなぁ~

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118110213j:image

 

よく見てみると、土手の上にこの標識が

この手前側が栃木県

土手沿いに歩くと群馬県板倉町

 

 

歩くこと約2分ほどで

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118121932j:plain

 

Google mapと見比べながら歩いたところ、この位置がまた境で、ここから先に歩くと埼玉県加須市に入る

 

 

つまり、道の駅かぞわたらせ は埼玉県にある、と

(目の前に見えている建物)

 

 


f:id:kimagure_tk:20210118111058j:image

 

群馬県は「鶴舞う形」と言われるそうですが

この右下にひょろっと延びているあたりが

その三県境のあたりなんですね

 

こういうベロ👅のような形に延びているのは

市町村の境などでも多く見られる謎の形ですね。

 

 

西武線秋津駅は直線のホーム上に、清瀬市・埼玉県所沢市東村山市と並んでいて県境が二つもあるらしい、と見ました。

 

 



f:id:kimagure_tk:20210118111929j:image

 

こういう風に、割り込んできているようです。

 

飛び地とか、複雑な境とか不思議なことがたくさんありますね~。

 

 

 

 

 

2021年のお昼ごはん

さてさて、行ってみましょうかね~

 


f:id:kimagure_tk:20210115203341j:image

 

はじめて行ってみました、天下一品。

 

スープがどろどろしている「こってり」らーめん、

とろみがついているのは脂のせいじゃない、という

話でしたが実際に食べたことがなく。

 

やはり、ポタージュみたいな感じで野菜中心にいろんな材料を煮詰めたことでのとろみのようで

 

塩気も思ったほどでなく、食べづらいこともなかったです。

でも、めちゃめちゃ好きか、というとそうでも(^_^;)

 

麺が、普通と細麺で選べるようでしたが

普通を選択したわりにはけっこう細目の麺かと。

 

 

チャーハンがセットについていて、そちらのほうが

塩コショウの加減が好みでしたね。程よくパンチがあって。

 

 

あと、三郷駅へ向かう途中のロードサイドにある

このお店の限定なのか、わかりませんが

唐辛子ブレンドのスパイス「赤ん粉(アカン粉)」というのがあって、いろんなメニューにトッピングできる様子。

 

 

と、いうわけでこのメニューは「赤んこってり」のらーめん+チャーハンのセット、でした。(^o^;)

 

 

粉の量で1辛~3辛と、値段に差もついていますが

1辛で十分。しかも、別皿かトッピングかも聞かれたので、別皿にしたのが良かった。

 

かなり、アクセントになる辛さ&その他スパイスで味変の効果もあり

ちょっとづつ足したり、チャーハンにも分けて使えたので◎◎でした。

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20210115204924j:image

 

 

こちらは、お久しぶりの「クレイジー餃子」(金町)

 

この店もたまにしか来ないので、このクレイジー餃子¥580を頼んだのも久々でした。

 

 

パリパリ羽根+焼き目のついたチーズ+中の具材も海老や、スープ状のものが入っていて小籠包にも近いような感じ

何もつけずに食べるのがポイントですね。

トルコ焼き餃子、鶏のスープ餃子などいろんなバリエーションがあってどれも絶品です。

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20210116095709j:image

 

あとは、こちらの「干し豆腐の和え物(前菜)」

前菜なのに、ボリュームが多いかな

なので、お値段もけっこうしてハーフサイズがあるとなおいいですね。¥780

 

赤いたれで和えてありますが、あまり辛くない

薄く削って平たい麺状になった干し豆腐は、つるつるといける感じでおつまみに最適ですね。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210116100146j:image

 

で、今回これが目当て、と決まっていた

せせりのピリ辛炒め ¥780 か880くらい?

 

カリカリ食感で、ピリ辛と書いてあるわりに

いろんな味が組合わさった感じですね。

甘、辛、しょっぱ、ごま油、その他、、、みたいな

 

ガツンと感ではなく、じわじわうまいので

ちびちびお酒が・ごはんも進む感じですね。

せせりのお肉の揚げてサクサク、グニグニみたいな

感触も◎◎  です。

 

 

ランチセットで、通常の麺やチャーハン、丼、定食などもあるのでそちらも良いですが

ここだとここオリジナルのものを頼んじゃいますね。

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20210116101803j:image

 

つぎは、池袋にある「NO.18」というハンバーガー屋さん

 


f:id:kimagure_tk:20210116102009j:image

 

この、「女子グルメバーガー部」の第一話で紹介されたお店です。

外観も、店内もシンプルすぎて見過ごされる事必至

 

池袋東口ちょっと手前の「池袋六ツ叉陸橋」を

西巣鴨方面から来てサンシャインシティ方面に曲がり、すぐに路地を入った分かりにくい場所にありました。

 

 


f:id:kimagure_tk:20210116102545j:image

 

モッツァレラチーズバーガー ¥1200

ポテト、ドリンクはそれぞれ別途料金になっています。

ポテトは¥150別途で、塩加減もかなりあっさり

 

 

 


f:id:kimagure_tk:20210116102905j:image

↑↑の年末に行った北千住の「サニーダイナー」と違い、とにかく高さを出したビジュアルと

レタスも細かくちぎらずにベロンと折り畳み

具それぞれが大きいのがポイントですね。

 

 

 

その分、一気に食べるのが大変ですね(^_^;)

こういうハンバーガー屋さんは、バンズを鉄板で

カリカリになるまで焼いて、水分もとばした状態で

作るので途中でべちゃっとしにくいのが◎◎ですね。

 

食べる前のバンズが、けっこう高さがありますしね。

 

 

お肉も、ハンバーグとして練って作ったというよりも、ステーキのようなお肉を刻んで、ハンバーグの形に成形したような感じで

 

なめらかさより、ステーキを食べているような肉感が強かったです。

それぞれの具材のデカさが生きた味ですね。

 

 

カウンターで手作りでひとつづつ作っているのを

見るのが楽しいお店でした。

 

クアイフ+オーケストラが融合したライブ「live my city Q」」

f:id:kimagure_tk:20210114130042j:plain



今回は、ピアノ、ベース、ドラムの3ピースバンド「クアイフ」の音楽が

クラシックのオーケストラと融合した!という壮大なライブの模様が

なんと無料で!! youtubeにて配信されました。というお話です。

 

 

クアイフは、ピアノをメインにしたロックバンド→ポップバンドとして

メジャーで活動しているグループで 以前には名古屋にて、

弦楽四重奏(バイオリン×2、ビオラ、チェロ)とコラボしたライブを見に行ったりして クラシックの雰囲気にもマッチしやすい曲を作っているんですが、

コロナでのライブ減少、並びにドラムの幸宏さんの怪我での音楽活動休止、

というダブルのアクシデントのなかで 新たな活動として

なんと音楽大学のフルオーケストラとのコラボ!という計画が始まりました。

 

 

以前の名古屋ちくさ座でのコラボライブについて↓↓↓

 

 

kimagure-tk.hatenablog.jp

 

 

企画がされて、クアイフの曲をオーケストラ仕様で演奏する、ということになり

自力でオーケストラ対応のアレンジをして、楽譜も自分で作るということに

なったという苦労がこちらのサイトにまとめられていました。

 

 

 

 

曲は全部で6曲

1.愛を教えてくれた君へ

2.Salvia

3.meaning of me

4.冬の花火 (新曲)

5.自由大飛行

6.アイノウ

と、いうことで全くの新曲と、全く原曲と違うゴスペル調のアレンジをした(3.)などもあり、新鮮な聴こえ方をしています。 

 

 

 

そのオーケストラとのコラボライブがこちら!!

 


クアイフ×名古屋音楽大学オーケストラ Special Live 「live my city Q」

 

 

 

バンドの音楽を、オーケストラに変換する、

大人数で共有できるように楽譜として書き残す、というのがまず

普通じゃない荒業、というのがわかりますね。

 

 

このピアノを弾いて歌を歌っている森 彩乃さんが音大でクラシックピアノを習っていた、というバックボーンがあっての技、ということなんですね。

 

 

 

歌い方も、情熱的な歌い方というよりは、ドライにハッキリと演奏に乗っけるような歌い方になっていて、オーケストラの荘厳な音にマッチしていますね。

 

いろんな引き出し、技術があるのが素晴らしい

 

 

フルオーケストラで演奏する曲だけでなく、ピアノ・ベースとコーラスのみ、

ピアノ・ベースとソロのバイオリンのみ、それプラスホーン隊など

曲ごとにそれぞれ相応しい編成の変化もあって、そのプロデュース力もスゴいですね。

 

 

 

ピアノ、オーケストラ、ドラムと目立つ楽器のなかで一見存在感がうすい

内田さんのベースですが、アレンジするなかで

全体の曲を引き立てるために、自身のベース(やシンセを弾いている)は

最小限にとどめた、とインタビューにあって

 

 

ベースの演奏する立場から、他のいろんな楽器の入った全体像を構想して

そこからまた自身の立ち位置に戻る、という「俯瞰する力」がこれまたスゴい。

 

 

4曲目の静謐な感じのバラード、シンプルな演奏から

5曲目のフルオーケストラでの大迫力、という落差も  

より曲が素敵に聴こえて◎◎  ですね。

 

 

参考に、原曲でMV動画があるものを載っけておきますね。

 

一曲目  

 

 

愛を教えてくれた君へ

愛を教えてくれた君へ

  • クアイフ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

二曲目

 


クアイフ 「Salvia」Music Video(Short ver.)

 

 

 

三曲目

 

 


クアイフ『meaning of me』ライブ映像

 

 

 

五曲目

 

 

自由大飛行

自由大飛行

  • クアイフ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

彩乃さんが最初、指揮をしていてそこから演奏に入る、というのが

指揮者の方が演奏に入るシーンのところを代わりに指揮している、という

話で、あんまり見てなさそうな指揮者だけどやっぱり大事なのかなぁ、とか(^o^;)

 

 

最後の、ジャーーン、と大きくやって〆にジャンピングでジャン!!と

なってそのまま勢いではけてしまうシーン、がかわいいですね。

 

六曲目

 

 

 

アイノウ

アイノウ

  • クアイフ
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

アカペラでの歌のうまさが際立つオープニングが絶品

コーラスもシンプルで、最後がホームカメラみたいなムービーで締められて

いるのがほっこりしていいですね。

 

 

 

と、いうわけでこちらは有料配信でないので、期限なく見られると思うので

また見たいと思います。

スマホの再生よりも、音質のよい機器で聴くとよりいいということなので

パソコンやイヤホン、ヘッドホンなどでも試してみるといいですね。